コンクリートやアスファルト舗装の可能性を追求します。

ワークスコート<S-1>&<SS>

ワークスコート

ワークスコート

耐候性に優れた表面保護材です。刷毛・ローラー刷毛・吹き付けで施工が可能です。カラーモルタルによる景観床仕上げのトップコートは、「長時間に渡る紫外 線の暴露でも透明度を失わず劣化もしない耐候性」、「コンクリートの呼吸をシャットアウトさせない適度な透過性」、「ハードナーの美しい色調を表現する発色性」、「下 地に含まれる水分でも白濁しにくい耐水性」等々の特殊な性能が求められます。 求められるすべての条件をバランス良くクリアーした新商品がワークスコート・ シリーズです。そのうえ食品衛生法・食品、添加物等の規格基準に適合しております。

高濃度版の「SSタイプ」と、中間濃度で使用しやすい「S-1タイプ」、の二種類からお選びいただけます。(ワークスコート<水性>はこちらのページをご覧下さい。
「SSタイプ」は、「Sー1タイプ」と比べて樹脂固形分を増加させた厚膜タイプです。特にスプレーシステム工法には最適となります。吸い込み量が小さいコンクリート面に大量に塗布すると滑りやすくなるのでご注意ください。

■主な用途

  • プレス工法のトップコート
  • スプレーシステムのトップコート

■特徴

  • 食品の包装材としても使用可能な安全性。(食品衛生法・食品、添加物等の規格基準適合)
  • 仕上げ表面に含侵させることで有害物質の侵入や防汚性の向上、耐摩耗性の向上します。
  • ワークスハードナーやシャドーパウダーが本来持っている色を引き出す発色効果が高いため、塗布することにより深みがある色に仕上げることができます。
  • 特に景観コンクリート用にブレンドしてあるため、ワークスハードナーとの相性は抜群です。

■梱包形態
金属缶入り 16kg

* 「Sタイプ」は受注生産となりましたのでご注意ください。

■標準使用量
0.2㎏/㎡ 1袋の施工面積 約80㎡
(下地条件・施工法等により異なります)

■消防法
第4類第1石油類(非水溶性)

◆食品衛生法・食品、添加物等の規格基準の詳細
【試験方法】
食品衛生法・食品、添加物等の規格基準(昭和34年厚生省告示第370号)個別に規格された以外の合成樹脂製の器具又は容器包装(平成18年厚生労働省告示第201号)
【試験機関】
財団法人 化学技術戦略推進機構・高分子試験・評価センター大阪事業所

お気軽にお問い合わせください。

PAGETOP
Copyright © CementWorksStudio All Rights Reserved.