コンクリートやアスファルト舗装の可能性を追求します。

MM-80 (エムエム80)ジョイントシーリング

MM-80

MM-80

MM-80は、世界で初めて切削目地(カッター目地)の保護を目的に開発された目地材です。

使い方などの工法については「工法紹介」の「MM-80工法」をご覧ください。

製品についての情報は、このページをご覧ください。

1.製品名

“MM–80″エポキシ・ジョイントシーラー

2.製造会社

METZGER/McGUIRE社(米国ニューハンプシャー州)

3.製品概要

  • 構成

MM-80は、「主剤」と「硬化剤」の2種類の材料を混合して硬化させる、完全な固体のエポキシ樹脂です。硬化すると、強硬度を維持しつつ弾性を保つ画期的な特性を有しております。

  • 主な用途

MM-80は、主にフォークリフトのような硬いタイヤが頻繁に走行するような、酷使される産業用コンクリート床の目地材として開発されました。MM-80の特質により、目地部に車輪等が当たり発生する”角欠け”を防止します。

その他の用途

MM-80はコンクリート床のひび割れに充填し補修を行うことが可能です。また、打継部等にも使用することができます。

 

4.使用上の制限

新設のコンクリート床にMM-80を使用する場合は、(コンクリートの収縮により)目地が極端に開くと接着部分が分離する可能性があります。詳細は弊社までお問い合わせください。

5.正しい使用法

「リードカット工法」で切断された誘発目地等に使用する場合は、目地深さ全体に充填してください。打継部に使用する場合は最低で50㎜以上の深さに充填してください。打継部の底部にはシリカサンドを使用しバックアップを行います。発泡スチレンフォーム等の圧縮可能なバッカーは使用しないでください。

6.特  長

  • MM-80は、産業用コンクリート床専用に開発されたため、一般的な目地材に比べ非常に優れています。
  • MM-80は過酷な使用状況においても耐磨耗性と耐久性があることで知られているエポキシ化合物です。
  • MM-80は目地のエッジ部を支えるのに十分な強度があり、重い車輪が目地部を横切ってもたわむことがありません。
  • MM-80はその硬度にも関わらず僅かに弾性があり、車輪の衝撃を吸収することができます。
  • MM-80は抗張力と接着力の範囲が狭く、接着強さがありますので、ストレスによる割れが発生しません。

 

7.梱包・色

MM-80の標準色は”ミディアム・グレー”。標準梱包は3.8㍑キットです。大量梱包のご注文にも御対応いたします。

8.規  格

産業用床の半硬質目地材に対する標準規格はありませんが、MM-80はPCA(ポルトランド セメント アソシエーション)およびACI(アメリカン コンクリート インターナショナル)が設定した厳しい基準を満たしています。

9.食品施設での使用

MM-80は食品処理施設や貯蔵施設での使用にも適しています。改修等で施工する場合に、食品が施設内にある場合は汚染を防ぐために弊社までお問い合わせください。

10.技術サポート

完全な技術サポートおよび説明書は、正規販売店または弊社までご連絡ください。

11.購入方法

MM-80は、正規販売代理店から材料を入手されるか、施工代理店に工事としてご発注ください。詳細は弊社までお問い合わせください。

12.使用方法

  • 保管

MM-80は、直射日光が当たらない風通しのよいところで、凍結しないように保管してください。

 

  • 使用する時期

新設のコンクリート目地に使用する場合は、コンクリートの乾燥収縮により目地間隔が開きます。(「4.使用上の制限」参照)そのため、後期の許す限り打設日から時間をおいてのご使用をお勧めします。また、養生期間が短いとコンクリート内に残存する水分のために接着に悪影響がでる恐れがあります。

使用時の温度は周囲の気温が10℃以上で施工してください。

  • 施工前の目地処理

目地部にはホコリ、レイタンス、油分、水分や異物がないように清掃してください。汚れがひどい場合は、ワイヤーブラシ等でこすりブロアー送風機で粉塵をとばしてください。特に湿式カッターで切断された目地は、”ノロ”と呼ばれる汚れが付着しますので、乾式の”リードカット工法”での目地切削をお勧めします。この処理が適切に行われていればプライマー処理は不要です。施工する目地部にひび割れが誘発している場合は、注入されたMM-80が目地底部から漏れますので、シリカサンドを使用してください。

  • 混 合

低速回転の攪拌機を使用して混合します。均一に混合するために、量の多いA剤を攪拌し、B剤を混ぜ合わせます。低速回転で、混ぜムラがないように十分に攪拌します。(MM-80を薄めたり、他の物質を加えないでください)

  • 使 用

MM-80の粘度は、エンジンオイルに近い粘性ですので、そのまま目地部に注ぐことも可能ですが、専用のガンを使用すると、目地底部まで十分に充填することが可能です。また、混合ガンを使用するとA剤とB剤を自動混合して充填することが可能です。詳細は弊社までお問い合わせください。

基本は、2回に分けて目地部に注ぎます。

  1. 1回目の注入は、目地上部から約12㎜ほどの部分まで行います。
  2. 30~60分以内に表面まで2回目の注入を行います。
  3. 硬化を待ち、盛り上がった部分をスクレイパー等で切断します。
  • 掃 除

MM-80が硬化する前に、溶剤(トルエン、キシレン、アセトン等)で使用した器具類をふき取ります。また、皮膚についた材料もよくふき取り、石鹸を使用し、よく洗い流してください。

 

13.メンテナンス

MM-80が硬化した後は、基本的にメンテナンスフリーです。しかし、コンクリートの収縮が施工後に発生したり、ワーキングジョイントに使用した場合は、MM-80が接着面から剥離する可能性があります。この場合の補修は、新規に施工する場合と同様に汚れ等を取り除き、新たにMM-80またはクラックフィル4を注入します。

14.1セット(1ガロン)当たりの使用量

目地寸法(㎜) 目地長さ(m)   目地寸法(㎜) 目地長さ(m)
3 * 19 60.5 5 * 38 22.7
3 * 25 45.4 5 * 44 18.1
3 * 32 37.8 5 * 50 15.1
3 * 38 30.2 6 * 19 30.2
3 * 44 25.7 6 * 25 24.2
3 * 50 22.7 6 * 32 18.1
5 * 19 40.8 6 * 38 15.1
5 * 25 30.2 6 * 44 13.6
5 * 32 25.7 6 * 50 12.1

上記の数字は平均数値です。状態によって増減します。ご了承ください。

 

15.保管寿命と保管方法

MM-80は、A剤とB剤が分離された状態で、未開封であれば180日間の保管寿命が保証されています。特に長期保存を行う場合は、月に一度は缶を上下逆さまに置き直してください。(沈殿を避ける)

16.安全/注意

MM-80は、エポキシ樹脂とアルカリアミンが含有されていますので、強い刺激性があります。特質を熟知している作業員以外の人が手に触れないようにしてください。また、皮膚や目に直接触れないようにしてください。また、換気のよい場所で使用し、蒸気を直接吸い込まないようにしてください。常にゴム手袋、保護メガネ、皮膚保護用クリーム等の保護対策を行ってください。万が一皮膚に接触した場合は、石鹸で完全に洗い流してください。皮膚が刺激を受けたり、目に入ってしまった場合は医師の診察を受けてください。また、硬化したMM-80を削り取る作業の時も適切な防塵マスク、保護メガネ等の対策を行ってください。

17.重要注意事項

エポキシ樹脂に対し、極度に敏感な人は肌のカブレや呼吸困難等のアレルギー反応がでる場合があります。このような場合は、体質的な問題ですので、一切作業を行うことはできません。MM-80を含むすべての化学物質は、完全に硬化する前の段階では、食品および食品包装品を汚染する可能性があります。Metzger/McGuire社および日本国内の販売代理店ではMM-80の不適切な使用または保管から生じるあらゆる事柄に対する責任を放棄します。

18.保 証

この製品は、厳選された材料を使用し、厳しい管理基準のもとに製造したものであり、明示してあるデータ通り、あるいはより以上の品質を保持していることを保証します。この保証により、MM-80の施工に適した施工箇所に対し正しく使用した上で製品に欠陥があると認められる場合は無償で交換いたします。(しかし、製品の価格以上の損害賠償は含まれておりません)また、すべてのクレームは出荷後6ヶ月以内に行う必要があります。この期間内に文書で行われない限りはクレームを放棄したものと見なされます。

19.梱包形態

MM-80は、主剤・硬化剤と合わせて1gal(ガロン)入りで1セットです。1galは3.785㍑ですので、1セット当たりの標準使用量は、第15章の表の数値に3.785をかけて算出して下さい。

 

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-3429-9200 受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日除く)

PAGETOP
Copyright © CementWorks.Inc All Rights Reserved.